Entry: main  << >>
ころころりん。
あわわ、日記書きかけてそのままスリープになってたわ(´Д`)
あぶないあぶない。消しちゃうとこだった。


買い物帰りに寄った公園で、大人用のストレッチ器具から
ころりんと落ちてこけてしまった娘。
完全に、不注意。
足元を見てなさすぎ。
たいした高さじゃなかったし、上手に転がったので
どこも打ってないし擦り傷もない。
服が汚れただけ…
でも本人はびっくりしてぐすぐす。
よしよし。
次からちゃんと、足元を見なさいよ…(´・ω・`)

今まで怖がって1人ではすべれなかった、
螺旋状のすべり台も、1人ですべれるようになった!
同じ公園にもう一組の親子がいたんだけど、
そこの男の子が怖がらずに滑っていったのを見て、奮起したよう。
一度できてしまえば、しめたもの。
笑顔でもう一回!とすぐに再挑戦。
よかったね。
でもそのすべり台に行くまでの渡り通路?みたいなとこが
怖くて、私がいないとダメらしい。
次はここも克服できるようがんばれー。


今晩は、ハンバーグ。
今回もすりおろしニンジンを仕込んでおいた。
ばれないので重宝してる。
あとは気分。
食べてくれー。食べてくれー。
一時はほうれん草をこまかくして混ぜ溶けば結構食べてくれたのに
最近じゃ色が見えただけで避けられがち…
そのままでも食べてくれるような野菜って何があるかな。
さつまいもとか、もやしくらいかな。
あとはほんとに、気分で。
おだてたら食べてくれたりするけど、自分からはなかなか。
だからこっそり混ぜるしかない…
せめてプチトマトとかモリモリ食べてくれたらなぁ(´・ω・`)

とか考えつつご飯作ってたら、
昔自分がお弁当作ってもらってた頃のこと思い出した。
思い返してみたら、確かにうちの母はあんまり弁当に力を入れてなかった。
カレー入れたり、おでん入れててご飯がつゆだくになってたり、
一面焼きそばってこともあった。
今みたいにデコデコしたかわいい弁当が流行ってたわけでもないし
それでいじめられたりとか、からかわれたりってことはなかった(と思う)けど
思春期女子にはなかなか耐え難いものが多かったのも事実。
だから「あの弁当はないわ」みたいな文句ばっかで
「あれ、美味しかった!」なんて感想を言った覚えがあんまりない。
今となっては、共働きで時間とかその他色んなものとの兼ね合いでああなった、
というのが充分理解できるのだけど、ホントすいませんと思うわけで…
だいたい、小学校で給食なかったもんなぁ。>物心ついてから一度も給食経験ない
6年間作ってくれてたんだもの。
作ってくれるだけありがたいんだよねぇ。
あーだんだん申し訳なくなってきた。
そりゃしんどいし適当につめとけ!ってなるわなぁ。
…でもやっぱ女子の弁当にカレーはいかんよ(´・ω・`)

娘が大きくなって、お弁当作ることがあったら
どんなにしんどくても(最低限)がんばらにゃ。


| サカモ | 17:57 | comments(0) | - | - | - |
Comment








Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Profile

Mobile

qrcode